HOME » 知っとく査定コラム

自分の住まいが欠陥住宅だと思ったのなら

住宅は住んでみないと欠陥住宅かどうかわからないことが多いです。そのため、まず欠陥住宅かもしれないと疑いを持ったら、自分で判断せずに専門家に見てもらう。そして専門家によって、具体的にどこに問題があるのかを分析して書類にしてもらうことが必要です。

欠陥を示す書類を作成したら、対処していくことになりますが、その方法としてまずは家を建てた住宅会社に交渉をします。多くの住宅会社は、欠陥住宅だという連絡が入ったら実地調査を行い、欠陥部分の原因を見極めて対策をしてくれます。欠陥住宅は住宅の持ち主に落ち度がありませんから、当然ながら補修費用は住宅会社が持ちます。

ただ住宅会社の中には欠陥ではないと言い張って、交渉が決裂することがあります。そのときは、建築紛争審査会に訴えたり、民事裁判を起こして損害賠償請求や瑕疵修補請求を行うことになります。弁護士に依頼しなければならないので時間も費用もかかってしまうことがありますが、泣き寝入りだけは選ばないようにすることが大事です。

家は生活をして、身体と心を休める場所ですから、欠陥があれば快適な生活は奪われてしまいます。粘り強く交渉していくことが大事です。

カテゴリー: 知っとく査定コラム | 自分の住まいが欠陥住宅だと思ったのなら はコメントを受け付けていません。

中古マンションを選ぶメリット

マンションを手に入れたいと思った時には、新築マンションにするか、それとも中古マンションにするかで迷うという人もいるでしょうが、中古マンションならではのメリットというのもありますので、そういったことに注目して検討してみるのも手です。

中古マンションのメリットといえば、まず新築より安いということです。グレードの高い中古マンションであっても、新築と比べたら数百万円も安いですし、物件によっては1,000万円以上も安く手に入れられますから、かなり資金を節約できると言えるでしょう。

中古マンションには、金額的な部分以外にもメリットがあるのです。そのメリットというのが、管理状態が見れるというものです。中古マンションの場合には、新築マンションと違って、何人もの人たちが生活してきたわけで、管理の歴史といったものが見られます。ですから、良い生活環境かどうかの判断がしやすいのです。

また、ローンの面においてもメリットがあるのも注目ポイントです。住宅ローンの条件新築と中古の差がなくなったということもあり、これもまた魅力的なポイントだと言えるでしょう。

カテゴリー: 知っとく査定コラム | 中古マンションを選ぶメリット はコメントを受け付けていません。

これだけ知っておけば不動産売却の税金対策は大丈夫!

不動産売却時にかかる税金については、実は気にする必要がないケースもたくさんあります。なぜなら、譲渡所得が発生していなければ、所得税はかからないからです。印紙税などはかかりますが、数万円の負担なので、それほど気にする金額ではありません。

例えば、3500万円で購入した家を5年後に売却したら、3000万円で売れたというように、基本的には購入した時よりも安い価格で売れてしまいます。減価償却費を考慮しても、譲渡所得はゼロになっているケースがほとんどになるでしょう。

親から相続した不動産など、取得費が分からない場合には、譲渡所得が発生してしまいます。その場合には、税金対策の方法を知っておくべきでしょう。親から相続をしたり、譲渡された不動産を5年以内に売却すると、短期譲渡所得になってしまうと心配をする人もいますが、親などが所有していた期間も引き継ぐことができるので、多くの場合に長期譲渡所得となり、所得税15%、住民税5%という税率になります。

譲渡所得が発生する場合、税金はとても大きなコストとなるので、税金アドバイスしてもらえる不動産屋を選ぶべきです。

カテゴリー: 知っとく査定コラム | これだけ知っておけば不動産売却の税金対策は大丈夫! はコメントを受け付けていません。

資産価値とはそもそも何?

不動産物件の世界に足を踏み入れたり、のぞいてみると資産価値という言葉を目にすることがよくあります。この資産価値というものについて、わかるようでいまいちよくわからないといった人もいるでしょう。

 

資産価値というのは、簡単に言えば、その物件がいくらで売れるかということです。つまり、高く売ることができる物件というのは、資産価値が高い物件ということになります。逆に高く売ることができない物件は、資産価値が低い物件ということになります。とてもシンプルです。

 

もう少し別の言い方をすると具体性が増しますので説明していきますが、今の値段と将来の値段に着目するということも大切です。今の値段を気にしつつ、将来の値段も意識することで、リアルな資産価値というのが見えてくるものですので、それに合わせた立ち回り方ができると言えます。

 

資産価値の高い物件というのは、建てられてから何年経ったとしても、結構価値の高さを維持していられますから、売却する時に意外と高く売れるものです。長期的な視野で捉えた時にも価値の高さを感じられる物件であれば、将来の値段についても期待できるものです。

カテゴリー: 知っとく査定コラム | 資産価値とはそもそも何? はコメントを受け付けていません。

土地を選ぶときに注意すること

新築住宅を建てようと考えた時に、まず一番最初に選ぶべきは土地となります。
もともと土地を持っている方は必要ありませんが、土地を持っていない方は、土地を購入する必要があります。
これから長い期間住み続ける場所となりますので、土地選びは慎重に行いましょう。

 

まずエリアを決めると良いでしょう。
自分の職場や子どもの学校に近いところ、自然が豊かで住みやすそうなところ、お好みは色々とあると思いますので、ご家族で相談されることをおすすめします。

 

希望のエリアが決まったら、土地を探し始めましょう。
良い土地がある場合は、家が建てられるか確認することが必要です。
この辺は専門的で難しくなってきますので、信頼できる建築会社や不動産会社に相談してみると良いのではないでしょうか。

 

更に、土地の安全性を確認することも重要です。
地盤がゆるくなっていないかなどは、災害を防ぐ為にも重要となってきます。
長く住み続ける住宅だからこそ、しっかりと安全性を確認しましょう。

 

この他にも、その土地の周りの治安の良さや近隣住民との関係も重要となってきますので、慎重に土地を選ぶようにしましょう。
よく考え、自分達の考えにぴったりの、最適な土地が見つかったら、迷わず購入する決断力も必要です。

カテゴリー: 知っとく査定コラム | 土地を選ぶときに注意すること はコメントを受け付けていません。

空き家に困ってるあなたのための空き家管理ガイド【完全版】

家を所有していたものの転勤になって空き家になってしまったり、すでに家を所有しているものの親などから不動産を相続することがあります。

住んでいない家は空き家になってしまうので、庭があると雑草が生い茂ってしまいご近所に迷惑をかけてしまったり、郵便ポストなどにイタズラをされる可能性があります。

特に一見して空き家だということがわかる状態になると、侵入者が出る恐れもありますから空き家対策は必須になってきているといえます。

また自治体によっては空き家に対する条例もあるので、管理を怠っていれば注意をされることがあります。特に老朽化が進んでいる空家は崩れてしまう可能性があるので、周囲に大きな迷惑をかけてしまいます。

また住んでいないことがわかると不法投棄の温床になってしまうこともあるので、定期的に管理をすることが求められています。

ただ所有している空き家が、家から遠く離れていて頻繁に管理に出向くことができない場合など、管理が面倒なら業者に頼むか売却すべきです。ご近所に迷惑をかけないようにするため、早めの対策が求められています。

カテゴリー: 知っとく査定コラム | 空き家に困ってるあなたのための空き家管理ガイド【完全版】 はコメントを受け付けていません。

中古住宅のデメリット

賃貸住宅から早く自分の家を持ちたいと思いながら、節約して住宅購入資金を貯めている人は多いでしょう。
頭金がようやく貯まり念願のマイホームを買おうとしたときに、新築にするか中古にするか迷う人はそれほど多くはないはずです。

 

日本は欧米と比べ家を持つなら、新築という考えの方がほとんどで、実際に売れているのは圧倒的に新築物件なのです。

 

新築よりかなり割安に買うことができるから中古住宅を希望する人もいますが、全住宅流通量で中古住宅が占める割合はわずか2割程度ですから、気に入る物件を探すのは困難な現状です。

 

中古住宅には当然、前の住人が残した傷や汚れがあるため、気にならない人以外は気持ち良く暮らすのは難しいものです。

 

汚れや傷は、壁紙を張り替えたりして隠すこともできますが、折角安く手に入れたのにリフォーム代が予想以上にかかってしまったら、新築物件と変わらなくなってしまい、後悔することにもなりかねません。

 

汚れなど気にならないから修繕費は使わないと思っていても、リフォームが不可欠な場所があることもあります。
また、仲介手数料を支払う必要があるため、安く手に入れた中古住宅でも、何かと費用は嵩んでくるものです。

 

人生最大の買い物と言われる家を後悔しないで購入するためには、信頼できる不動産売買専門に会員登録をするのがお勧めです。
会員登録するだけで、非公開物件もすぐに見られ、誰より先に良い物件を見つけることができます。

カテゴリー: 知っとく査定コラム | 中古住宅のデメリット はコメントを受け付けていません。

資産価値の高い物件とは?~住みやすい町編~

住宅を売却する時というのは、資産価値の高さというのが重要になってくるものですが、資産価値と一口に言っても色々な要素があります。

 

例えば、緑が多かったりお店が周りにたくさんある物件というのは、資産価値が高いと言えます。緑が豊かな公園などがあれば、景観の良さはもちろんのこと、家族と息抜きをする場所に困ることもありません。

 

お店が多ければ、買い物がしやすいものです。なお、品ぞろえの良いスーパーマーケットやドラッグストアが近場にあると短時間で必要な物を買いそろえやすくなります。こういった環境は魅力的と言えるでしょう。

 

また、安全性が高いことも資産価値の高さにつながる大事なポイントです。犯罪の発生率が低く、ガラの悪い人たちがたむろしないような地域であれば、安心して生活していけることでしょう。

 

こういった、周りの環境が整っているということが資産価値の高さにつながるわけですが、もちろん物件の生活環境も大事です。平穏かつ便利で安心感のある生活をしていける環境が整っている物件であれば、さらに資産価値は高まると言えます。

カテゴリー: 知っとく査定コラム | 資産価値の高い物件とは?~住みやすい町編~ はコメントを受け付けていません。

資産価値の高い物件とは?~利便性編~

資産価値の高さを気にする上で、必ず押さえておきたいことといえば、物件の利便性です。利便性に優れた物件ですと、毎日のように便利さを感じながら生活していけます。

 

なお、利便性を語る上で絶対と言っても良いほど外せないのは、やはり交通の利便性でしょう。生活を営んでいく上で、学校に通ったり、仕事に通うというのは多くの人たちがすることです。

 

ですから、交通の利便性が優れている環境というのは、資産価値の高さにつながると言えます。

 

公共機関が多い環境ですと、さまざまなライフスタイルの人が生活しやすいものです。駅まで行くバスが何本も通るバス停が近くにあるというのも魅力的ですが、駅から近いということも大きな魅力と言えます。

 

駅まで徒歩5分ぐらいで行ける距離のところにある物件であれば、十分資産価値は高いと言えるでしょう。これだけ近ければ、日々の通学や通勤がとても楽になります。

 

タクシーやバスも乗れる駅だと何かと便利なものですが、複数の路線を利用できることも注目ポイントと言えるでしょう。複数の路線が使えると、色々と融通が利いて良いものです。

カテゴリー: 知っとく査定コラム | 資産価値の高い物件とは?~利便性編~ はコメントを受け付けていません。

資産価値の落ちにくい物件のメリット

マンションや一戸建てを購入するとき、資産価値の落ちにくい物件を購入することは重要です。資産価値が高いということは、それだけ購入費用も高くなりますが、それ以上に資産価値の落ちにくい物件を購入するときはメリットがあります。メリットには様々なものがあります。

 

その1つが、住宅ローンの審査が通りやすいということです。様々な事情で住宅ローンが支払えなくなった場合、物件は金融機関が管理することになります。

 

金融機関は差し押さえをして、その物件を売却して残った住宅ローンを回収することになりますが、そのときに資産価値が高いと買い手がつきやすいことから、住宅ローンの審査を取りやすくしています。

 

また所有者も、新しい物件に引っ越したいというときや、ローン支払いができなくなったので売却したいと考えることがあります。そのときも中古物件になっても資産価値は落ちにくいと高値で売れるので、それだけ損失が低いということになります。

 

売却した金額で残ったローンを全額返済できることもありますし、新しい物件を購入するときの資金にすることもできます。

カテゴリー: 知っとく査定コラム | 資産価値の落ちにくい物件のメリット はコメントを受け付けていません。

資産価値の落ちにくい物件とは?~一戸建て編~

資産価値について考える時には、価値の高さということを重視しておいた方が良いのはもちろんですが、価値が落ちにくいということも重視しておきたいものです。価値が落ちにくい物件であれば、何年経っても急激に価値が落ちるといったことがないため、売却しやすいと言えます。

 

なお、一戸建ての場合に資産価値が落ちにくいのは、まず立地の条件が整っている物件です。長時間にわたって日当たりが良い立地であれば、気持ち良く生活できることでしょう。また、地盤の強さや河川の氾濫などの被害に遭いづらいといったことも注目のポイントです。

 

その他、交通の利便性というのも資産価値に関わってくることです。駅というのは、滅多なことではなくなりませんから、駅が近くにある物件というのは資産価値が落ちにくいと言えるでしょう。駅は多くの人が利用する施設ですから、歩いていきやすくて困るという人はなかなかいないものです。

 

正にここがポイントで、住居ニーズにどれだけ適応できているかということが重要なのです。誰もがメリットと感じるような環境が整っている物件であれば、資産価値は落ちにくいと言えるでしょう。

カテゴリー: 知っとく査定コラム | 資産価値の落ちにくい物件とは?~一戸建て編~ はコメントを受け付けていません。

資産価値の落ちにくい物件とは?~マンション編~

マンションを手に入れることを考えた時には、現在の資産価値の高さだけでなく、将来的な価値の高さということも意識しておきたいところです。つまり、資産価値の落ちにくい物件かどうかをチェックするということです。

 

資産価値が落ちにくいマンションというのは、人々の需要を満たしているのが特徴と言えます。多くの人たちの需要を満たしている物件であれば、資産価値は落ちにくいものです。

 

例えば、駅近立地であったり、周辺にスーパーマーケットやドラッグストアなどがあって買い物がしやすい環境であれば、多くの人たちの需要に応えることができると言えるでしょう。

 

なお、こういった部分をチェックする時に気にしたいのが、将来性・発展性というものです。将来性・発展性があるエリアであれば、生活に便利な施設が増えていったりしますから、現在よりも良好な環境が整うとも言えます。

 

もちろん、周辺環境かだけでなく、物件環境も大事です。ですから、マンションの個性や特徴といった部分にも注目すると良いでしょう。他のマンションにはあまり見られないような共用施設があったり、トラブルが起きにくい環境が整っていると、価値の高さにつながっていくものです。

カテゴリー: 知っとく査定コラム | 資産価値の落ちにくい物件とは?~マンション編~ はコメントを受け付けていません。

中古住宅を買ってリノベーションしよう!〜Part7〜

中古住宅の魅力のひとつは、リノベーションにより新築に近いような建物に改装できることです。
ただしリノベーションにあたっては、様々なことに気をつけておくことが求められます。
まず工事前は近隣へあいさつをしておくと言うことです。

 

工事が始まると、近隣の方には様々な面で迷惑をかけてしまうことが予想されます。
リノベーション後は、近隣の方ともおつきあいをしなければならないわけですから、必ずあいさつをしておくことが求められます。

 

これは、自分が逆の立場になってみると良く理解できることかと思われます。
そして実際に工事が開始されたら、工事途中の変更は書面に残しておくと言うことも必要です。

 

変更だけでなく、業者とのやり取りで決まったこと、意見が分かれたことなどもできるだけ、記録として残しておくことが望ましいです。
そうしておかないと、万が一、トラブルやアクシデントが発生してしまった際に責任の所在などが不明瞭なままで、解決に時間を要してしまう可能性も出てくるためです。

 

そして無事、工事が終われば竣工検査を行うと言うのも忘れてはいけません。
竣工検査は、簡単に言うと計画通りにリノベーションが行われているかどうかを確認するための検査です。

 

施工状態を確認し、問題がないかどうかを見る重要な点検ですから、勿論、住人も立ち会うことが求められます。

カテゴリー: 知っとく査定コラム | 中古住宅を買ってリノベーションしよう!〜Part7〜 はコメントを受け付けていません。

中古住宅を買ってリノベーションしよう!〜Part6〜

住まい選びをする際には、中古住宅に注目するという人もいることでしょう。
中古住宅なら安く手に入れられますし、安く手に入れた住宅をリノベーションで自分好みの形に生まれ変わらせるといったことも可能ですから、夢が広がって楽しいものです。

 

なお、中古住宅を購入してリノベーションを行う時には、注意しておいた方が良いことがあります。

 

それは、住宅の周辺環境を確認するということです。
住まい選びというのは、つい建物にばかり目がいってしまいがちですが、長く生活していくことを考えた場合には、その土地の周辺環境かというものが、とても重要になってきます。

 

治安や利便性などチェックしておくべきポイントはたくさんありますので、色々な観点から地域の環境を捉えて、物件の価値を判断することが大切と言えます。

 

なお、リノベーションの見積もりをし、契約する際には、費用面で無理がないかを確認しておくことも大切です。

 

リノベーションすること自体は特に無理がなくて問題ないとしても、追加工事をしたくなることがあるので、資金計画は余裕を持っておくことが重要です。

 

せっかく理想通りの住宅を手に入れられても、その後の生活が苦しくなってしまっては意味がありませんから、注意しておきたいところです。

カテゴリー: 知っとく査定コラム | 中古住宅を買ってリノベーションしよう!〜Part6〜 はコメントを受け付けていません。

中古住宅を買ってリノベーションしよう!〜Part5〜

中古住宅を購入し、リノベーションをする場合、自由にリノベーションできる場合もあれば、実際には制約がある場合も考えられます。
このため、リノベーションをする前、もっと言えば、中古住宅を購入する前に契約関係書類をしっかり読み込む必要があります。

 

それをしないと、リノベーションをした後で問題が発生した場合、原状回復の必要に迫られ、余計な出費をしなければならず、取り返しのつかないことになる場合があります。
制約があることが分かった場合、それによる影響を考慮しなければなりません。

 

思い通りのリノベーションをできるか確認するのも必要になります。
実際にリノベーションを行う前にしておくべきこととして、ホームインスペクションを依頼するということがあります。
ホームインスペクションは住宅診断であり、例えば、家の寿命がどれくらいなのか、どこを改善すべきか、家の弱点はどの部分かというものを教えてくれます。

 

これを知ってからリノベーションをすると、欠点となるところを補う、補強する、大幅な改善に努めるということが可能になり、適切な場所に適切な費用を注ぎ込めて、後になって費用が発生する、別の工事をしなくてはならないといったことを避けることが出来ます。

カテゴリー: 知っとく査定コラム | 中古住宅を買ってリノベーションしよう!〜Part5〜 はコメントを受け付けていません。

中古住宅を買ってリノベーションしよう!〜Part4〜

中古住宅をマイホームにする大きな魅力は、何といっても、立地条件が選べることではないでしょうか。
新築住宅の場合には、駅から遠くにある物件を高額な値段で購入することが多くなっているのが現状です。

 

しかし、中古住宅を購入する場合には、わざわざ不便な場所の物件を購入する必要はありません。
そして、家自体がどんなに古くて価値の無いものに思えても、所在地に魅力があれば良いのです。

 

さて、中古住宅は一般的に、年数が経つほど価値が下がりますし、安価な物件となります。
けれども、自分たち家族にぴったりの場所を探すには、なるべく多くの物件を見て回りたいものではないでしょうか。

 

そのため、物件探しは複数の会社を精査することが重要となります。
また、その中でも出来るだけ自分に合った担当者を選ぶことも大切でしょう。
いくら良い物件であっても、会社や担当者が気に入らなくては、契約に至るまでに不愉快になったり、信用出来ないと感じたり、さまざまな弊害が起こるかもしれません。

 

そこで、購入するのはマイホームであり、長い付き合いになるのですから、不動産会社にも不満を持たないことが重要なのです。
なお、中古物件を購入してリノベーションする場合には、大切な上下水道の配管を必ず確認するのは、常識だといえるでしょう。

カテゴリー: 知っとく査定コラム | 中古住宅を買ってリノベーションしよう!〜Part4〜 はコメントを受け付けていません。

中古住宅を買ってリノベーションしよう!〜Part3〜

中古住宅はそのままでも住むことはできます。
しかしリノベーションを行うことで、より機能を高め、快適な住宅にすることも可能です。

 

中古住宅のリノベーションを行う際には、まずリノベーションの会社を探すことです。
これをしなければ、リノベーションを行うことは不可能と言っても過言ではありません。

 

自分の希望などを明確にして上で、それを聞き入れてくれ、なおかつ専門家としてのアドバイスなどを加えてくれる、そしてしっかりとしたリノベーションの技術を持っている会社を選択することが望ましいです。

 

それから住宅ローンをいくら借りれるか審査してもらうことも必要です。
住宅ローン間の際に気になるのが金利です。

 

低金利だからお得とは限らないので、その点は頭に入れておく必要があります。
最近では中古住宅の購入資金とリノベーション資金を一緒に借りることができるローンも出てきているので、中古住宅の購入自体がまだだと言う方、その上でリノベーションを考えていると言う人は、こうしたローンを利用した方が得なことも考えられます。

 

用意している頭金の金額、どれくらいの期間をかけてローンを返済していきたいかなどによっても選ぶべきローンは変わってくるので、金利だけに注目するのは避けた方が良いです。

カテゴリー: 知っとく査定コラム | 中古住宅を買ってリノベーションしよう!〜Part3〜 はコメントを受け付けていません。

中古住宅を買ってリノベーションしよう!〜Part2〜

住宅の取得では、新築住宅以外でも、中古住宅をリノベーションして取得する方法が有効です。
中古住宅は立地条件や地盤の安全性を確認したうえで求めることができる利点があります。

 

中古住宅の購入では、耐震性を確認すること、地盤・地質を調べておくことが大切です。
洪水対策としては、標高だけでなく相対的な高さも考慮する必要があります。
中古住宅の耐震性を判断するには、専門家の協力が必要です。

 

鉄筋コンクリート造と鉄骨造の耐震基準は、1981年6月に大幅に改正されました。
木造住宅の場合は接合金物の基準が新しくなた、2000年以降に建てられた建物を選んだ方が安全です。

 

熊本地震に遭った建物の場合は、柱に傾きがないかどうかの確認が必要です。
建具の部分を見て、開閉がうまくいけば大丈夫です。
家や柱が傾いている場合は耐震性が落ちていることが想定されます。

 

リノベーションでは、耐震診断をした後、耐震補強をして、安全を確保する必要があります。
2階に壁が多いのに1階には少ない、直下率の悪い住宅は、避けた方が無難です。
耐震補強は外側から耐震ボードを設置するか、制震ダンパーの設置が有効です。
中古住宅でも、柱が太く、しっかりした家は、十分な資産価値があります。

カテゴリー: 知っとく査定コラム | 中古住宅を買ってリノベーションしよう!〜Part2〜 はコメントを受け付けていません。

中古住宅を買ってリノベーションしよう!〜Part1〜

マイホームを求めることを考えている多くの方は、一生に一度の大きな買い物だからこそ、後悔しないで済むように新築の一戸建て住宅で、理想の住まいを見つけようと考えるのではないでしょうか。

 

そのため、中古住宅は初めからマイホームの候補にもあがらないことがたくさんあるといっても、けっして大袈裟な表現ではありません。
しかし、最近の新築の一戸建ては多くの場合、交通の便が良いところからますます遠ざかる傾向にあるといえるでしょう。

 

そこで、マイホームを購入するときに大切なのは、そこに住んだ場合の暮らしをイメージし、優先順位つけることではないでしょうか。
たとえば、マイホームを売る必要が生じた場合でも、立地条件さえ良ければ、高額で簡単に売買が成立する可能性が高いといえます。

 

また、駅に近いところであれば、商店街などが充実していたり、通勤や通学にも便利であることはいうまでもありません。

 

つまり、中古住宅だからだめだと考えるのではなく、現在の状況から将来のことを含めて立地を考えることが重要であり、それがマイホームの購入で後悔しないための策だといえるのです。

 

なお、中古住宅をリノベーションする場合、税金面などの優遇措置があるなど、国の住宅政策を見逃さないことも重要でしょう。

カテゴリー: 知っとく査定コラム | 中古住宅を買ってリノベーションしよう!〜Part1〜 はコメントを受け付けていません。

中古住宅のメリット〜Part2〜

・価格の安さ
中古住宅のメリットですが、まずは価格が安いので立地条件のいい物件を購入できると言うことが挙げられます。
住宅は決して安い買い物ではありません。

 

そのため新築住宅などの場合、予算的に立地条件は諦めるしかないと言うことも出てくるかもしれません。
しかし中古住宅の場合は、住宅自体の価格が、新築住宅に比べると格段に安いです。
そのため立地条件の良い物件であっても購入しやすいと言えます。

 

・住宅ローン審査が通りやすい
それから住宅ローン審査に通りやすいと言う点です。
これは単純に中古住宅の方が価格が安いからです。
そしてまた、中古住宅はある程度、その時点で価値が安定していると言うのも理由です。
新築住宅のように、そこで人が生活を始めた時から価値が下がると言うものではなく、抵当としての価値が安定しているため、ローンが通りやすいと言うことです。

 

・リフォームすることによって自分風にカスタマイズできる
更にリフォームすれば自分の好きな住まいにできると言うのも、中古住宅の大きなメリットです。

 

建物自体の価格は安くても、そこにしっかりと手を加えれば、新築同様の機能などを備えた建物にすることもじゅうぶんに可能です。
あるいは既存の機能などを活かして、個性あふれる建物にすることも可能であり、予算に対して選択することができる可能性の幅が広いと言うのも、中古住宅のメリットです。

カテゴリー: 知っとく査定コラム | 中古住宅のメリット〜Part2〜 はコメントを受け付けていません。