HOME » 諸経費について


不動産の売却には税金や諸経費がかかります。
手取りの金額はその分を差し引いた金額と考えるとよいでしょう。
不動産の種別(土地、一戸建て、マンション等)によっても異なりますが、事前に確認しておきましょう。

売却が成約した場合に、その取引額に応じて所定の仲介手数料(消費税込)が必要となります。
売却価格により計算方法が定められています。

一般的には売却代金の3.24%+6.48万円(消費税込み)と覚えておくとよいでしょう。

隣地との境界を確定させる場合、面積を確定させる場合に必要になります。
土地の面積、形状、境界標の復元が必要かどうか…等の状況により必要となる経費は大きく異なります。

「木造」 → 比較的安く解体可能      「RC造」 → 解体費は高くなる

前面道路が狭い、トラック等の重機が横付けできない等の場合は解体費用も割高になります。

解体費用の多くは「人件費」と考えましょう。そのため地域によって金額が異なります。

「売却する物件に借入金に対する抵当権等が設定されている場合は、その抹消費用が掛かります。
抵当権の本数や、依頼する司法書士への報酬金額等によっても異なりますが、一般的には一つの抵当権に対して1万円~1万5千円程度と考えると良いでしょう。
また、売主様の登記簿上の住所が現住所と異なっている場合にも住所変更登記が必要となり、抵当権抹消と同程度の経費が掛かります。詳しくは専門家に相談しましょう。

不動産売買契約書に貼付する印紙代金です。取引価格によって印紙税額は異なります。

リフォームして売却する場合や引越し費用、引越し後のクリーニング代などが契約条件によって発生する場合があります。異なります。

引越し費用は地域や規模によって金額が変わります。複数の引越し会社から見積もりを取りましょう。

広告費用やその他の費用が発生することもあります。契約条件はしっかりと確認しておきましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です